韓国の新大統領夫人キム・ゴンヒの整形疑惑を検証

海外

2022年5月、韓国ではユン・ソンヨル新大統領に就任しました。

そこでファーストレディーであるキム・ゴンヒ夫人に注目が集まっています。

キム・ゴンヒ夫人はとても美人なのですが、整形しているのではと感じている人も多いです。

そこで、キム・ゴンヒ夫人の若い頃と現在の画像を比較し、本当に整形しているのか、どこを整形しているのかを顔のパーツひとつひとつを見て検証していきます。

韓国の大統領夫人 キム・ゴンヒのプロフィール

韓国の新大統領ユン・ソンニョルのファーストレディーであるキム・ゴンヒ(金健希)夫人は韓国・ソウル出身、1972年生まれの49歳です。

新大統領が61歳なので、12歳年下の夫人です。

韓国で40代のファーストレディーは初めてだそうです。

元々はキム・ミョンシンと名乗っていましたが2008年にキム・ゴンヒに改名しています。

1991年、ソウルの女子高校を卒業しその後、京畿大学の芸術学部に入学し卒業。

2012年、39歳の時にユン・ソンヨルと結婚します。

キム・ゴンヒは経歴詐称などで批判されることもあり、2021年にはそのことについて謝罪を行っています。

そして翌年の2022年にユン・ソンニョルが大統領に就任し、ファーストレディーとなります。

キム・ゴンヒさんは実はバリバリのキャリアウーマンらしいです。

夫が今後5年間、大統領を務めるにあたり、妻のキム・ゴンヒさんは自分の仕事を休職すると言われています。(韓国大統領の任期は5年。)

韓国の大統領夫人 キム・ゴンヒの整形疑惑

キム・ゴンヒ夫人は写真で見てわかるようにとても美人な方です。

韓国ドラマによく出てくる女優のような顔立ちをしており、美人やかわいいといったポジティブな意見が多いです。

一方で整形しているという意見も多く見られます。

SNSでも「整形した感がすごい」「The整形な韓国顔」といった投稿があります。

韓国の大統領夫人 キム・ゴンヒ夫人の整形を考察

キム・ゴンヒ夫人の過去と現在の写真を比較しどこが変わっているのかを見てみましょう。

韓国の大統領夫人 キム・ゴンヒ 整形疑惑の目

まずパッと見て目につくのは、まぶたです。

昔の写真は重い一重まぶたなのに対し、現在の写真はぱっちりとした二重まぶたになっています。

実は目の整形に関してはキム・ゴンヒ夫人本人が認めており、大学生の時に二重形成手術を行ったそうです。

韓国で整形を行うのは普通のことのようですね。

韓国の大統領夫人 キム・ゴンヒ 整形疑惑の鼻

次に目につくのは鼻です。

昔の写真はぼてっとした大きな鼻が目立っています。

現在の写真では鼻孔の辺りがスリムになっています。

目と目の間を見ると、鼻筋が通り、鼻が高くなっているように見えます。

しかし、化粧で鼻筋を高く見せることができるので、整形の賜物なのかどうかは分かりません。

鼻に関してはキム・ゴンヒ夫人が整形をしたという公表・事実はありませんが、ここまで違うと整形しているのを疑ってしまいますね。

韓国の大統領夫人 キム・ゴンヒ 整形疑惑の唇

キム・ゴンヒ夫人の口を見てみると、若い時から分厚い唇をしています。

現在の写真ではリップラインをシャープに描いて、ルージュの口紅を塗り、美しい魅力的な唇にしています。

形を比べた限り、おそらく唇は整形していないように思います。

韓国の大統領夫人 キム・ゴンヒ 整形疑惑のあご

キム・ゴンヒ夫人のあごは、若い時から少し前に出っ張っていて、魅力的です。

現在も同じ形のあごです。

韓国の大統領夫人 キム・ゴンヒ 整形疑惑の眉毛

眉毛に関しては、整形するまでもなく、アートメイクで眉の形を整えることができます。

とても美しい眉ですが、整形ではなく、アートメイクをしているか、またはメイクで美しく眉を整えているのでしょう。

韓国の大統領夫人 キム・ゴンヒ 整形疑惑の輪郭

さらに見ていくと顔の輪郭も少しシャープになっているような気がします。

しかしこれに関しては写真の角度の違いや、若い時とは顔の脂肪の付き方も関わってくるのではっきりと断定はできません。

まとめ

韓国の新大統領夫人、美しいキム・ゴンヒ夫人の整形疑惑について、

目を二重まぶたにしたことは本人が認めています。

鼻の整形は認めていませんが、鼻孔の幅が狭くスリムになっており、目と目の間の鼻が高くなっている感じがします。

唇や眉毛の整形はおそらくないでしょう。

輪郭はなんとも断定できませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました