ジル・バイデンの若い頃が美人!経歴やファッション

セレブ

ジル・バイデンさんは、若い頃から美人で、勉強家の努力家です。

ファーストレディと仕事を両立しながら、お忙しい日々の中でもファッションに抜かりがないです。

そんな美人パワフルウーマンの経歴やファッション画像を見ていきます。

ジル・バイデンの若い頃が美人!経歴

ジル・バイデンさんは1951年6月3日生まれ。アメリカのニュージャージー州ハモントン出身。

その後、一家はペンシルバニア州ウィローグローブに移り、子供時代の大半を過ごしました。

5人姉妹の長女。

父親のドナルド・カール・ジェイコブスは、銀行に勤務。

母親のボニー・ジーン・ジェイコブスは専業主婦でした。

幼少期の頃もすでに美人ですね。

高校生の頃から、ウェイトレスのバイトを始めました。

1969年に、アッパーモアランド高校を卒業。

ペンシルバニア州の短期大学に入学しました。

ファッションのマーケティングを学びましたが、満足のいくものではなく、すぐに中退。

1970年2月にビル・スティーブンソンさんと結婚。

デラウェア大学に入学し、在学中にモデルをしていました。

すれ違いから5年の結婚生活で離婚。

1977年に現在の夫ジョー・バイデンと結婚。

なれそめは、広告モデルをしていたジル・バイデンさんに、ジョー・バイデンが一目惚れ。

若い頃のお写真も美人なので、一目惚れするのも納得です。

ジョー・バイデン現大統領の弟の協力でデートを重ね、5回目のプロポーズで承諾。

5回プロポーズするってすごいですよね!

ジョー・バイデン現大統領には前妻と3人の子供がいましたが、自動車事故で前妻と3番目の赤ちゃんが亡くなってしまい、シングルファザーとして2人の子供を育てていました。

ジル・バイデンさんは2人の子供を育てていけるか不安で、結婚を躊躇したそうですが、子供たちとの関係は良好だったそうです。

その2人の子供とは、長男ボー・バイデンさんと次男ハンター・バイデンさん。

26歳で2人のお母さんになるのは、勇気のいる事ですよね。

​​​​​​その後30歳で、娘のアシュリー・バイデンさんを出産。

仕事の方はデラウェア大学で英語を専攻していたことから、高校の英語教師をしていました。

妊娠中も高校教師を続けながら、ウェストチェスター大学教育学修士を取得。

子供が3人になった事により、教職を離れました。

​その後学校に復帰して、英語教師・読解専門家と情緒障害の学生を指導する仕事を再開。

5年間ロックフォードセンターの精神科病院で、思春期プログラム教育を担当しました。

1987年にはヴィラノバ大学(英語分野)で、学術修士を取得。

ジル・バイデンさんは、高校教師を13年間務めました。

とても勉強家の教育者ですね。

2009年1月に夫が副大統領になり、ジル・バイデンさんは58歳でセカンドレディに。

jill-biden-second-lady
セカンドレディーの時

とても、おキレイですね。

教師をしながら、セカンドレディーを8年間務めました。

2010年ハイチ地震から3ヶ月経過したポルトープランスを、当時のファーストレディのミシェル婦人と共に視察。

ジル・バイデン 美人!現在

2021年からはファーストレディとして、補佐的な役割も加わりますが、お仕事を続けていくと公言しています。

アメリカ史上初のワシントンの外で、賃金をもらう仕事をするファーストレディとして話題に。

コロナの中でも、NOVA(バージニア州北部コミュニティーカレッジ)のオンライン授業で、英語とライティングを教えていたそうです。

ジル・バイデン夫人 ウクライナを電撃訪問

ジル・バイデンさんは、​​最近ウクライナに電撃訪問。

民間人の避難所として、使われてる学校を訪れたそうです。

さすが、教育者として影響力を発揮しました。

今大変な状況になってますが、良い方向に進む事を祈ってます。

お仕事もありお忙しいでしょうが、世界平和のために頑張ってほしいです。

jill-biden-ukraina-visit
ウクライナを訪問

ジル・バイデン 美人!ファッション

ジル・バイデンさんは、若い頃モデルをしていたので、スタイルもよく服を素敵に着こなしています。

セカンドレディになった時は白いタイトスカートスーツをさらりと着こなしていました。

ブランド選びのセンスも評価されています。

バイデン大統領の就任式では、全身青でキメていました。

コートアンサンブルは、MARKARIAN(マルカリアン)を着用。

マスクや手袋も含め全身ブルーで綺麗です。

美人は何を着ても似合います。

就任式後のパーティーでは花柄の刺繍をあしらった清楚な白いドレスを着用。

マスクも白に変えました。

それから、ジル・バイデン夫人は派手な柄も好きなようです。

大きなブルーの蝶々が美しい。

大きな花柄のワンピースもキレイです。

上の写真、左はオスカー・デ・ラ・レンタ、右はドルチェ&ガッバーナのワンピース。

ファーストレディの中でも最も高価な服を着ているそうです!

そして、オシャレにユーモアセンスがあるとも言われています。

背中にLOVEが書かれた黒のジャケット。ZADIG&VOLTAIRE(ザディグ エ ヴォルテール)でカスタムしたジャケット。

この服を着て、記者会見で「私たちは米国から、愛を携えてきました」とジョークを言ったそうです。

下の動画は英語ですが、ジル・バイデン夫人の鮮やかなファッションが見られます。

コメント